このブログを検索

2018年6月15日金曜日

執筆中には、無理してアレな思いをしない方が良い

最近、色々締め切りが多いのです。執筆や講演、編集に関わることなど、自身または人様のアウトプットに関わるものです。
望んで承っていることなので光栄ですし、夜中や休日にそれをやるのもいいのですが、よりよくやるためのメモです:

私の本業の仕事は、準備した上でその場にいるまたは呼ばれれば、比較的自動的に(医者個人の都合等など関係なく)進んでゆくタイプの仕事です。ゲームで言えばスクロールするシューティングものとか、テトリスです。
一方、ものを書いたり(まあ各種調整業務や、ペーパーワークもそうですが)は、能動的な作業です。PCを開き、資料をばらまいても、乗らなければ3時間経っても何も産まれない。ゲームで言えば、初期のアドベンチャーゲームあるいはRPGです。

どっちのお仕事が高度、という話ではないです。
後者の、「能動的な仕事」をやる上で、結構重要かもしれないことに最近やっと気づいたわけです。

”どーでもいいことで、心を乱されると、能動作業のクオリティが落ちるか、全くできなくなる”

つまり、安定したアウトプットには、安定した感情が必要。

改めて、普段まわりに居てくれる方々に感謝する次第です。









2018年6月11日月曜日

卒業

入職以来何度か、研究の指導をさせてもらっていた若者が、春に家庭の事情で退職し、遠方に転居しました。
3ヶ月経った今回、海外の学会で合流し、雪国医大医局員(演題登録時)としての最後の発表を、無事に終わらせてくれました。
ご卒業おめでとう、と言いたいところだが残念、研究は論文が雑誌に載るまでです。

・・・そう考えると、私の留学も、まだ全部終わっていない。


2018年5月29日火曜日

鉄は熱いうちにだな

職場において比較的年長の人間が、一番伸びるのは、4-6月だと思う。
新しい後輩が、良い質問をするからである。
距離感が分かってきてしまうと、互いに甘えが生じる(一方的に見切られてんのかもしれんが)。
<気道戦士、奴隷蹴!>
真ん中上部のモニタが一度顔に見えたら、もうモビルスーツにしか見えませんね。

こいつと向き合っている時間が、配偶者や恋人のそれよりも長いという人たちが、結構いるのです(ソースはK先生)


2018年4月24日火曜日

連載

ある月刊の雑誌で、毎月小話というか、そういうものを掲載させていただいている。
ものを書くのになれた方からすれば、僅かな量だと思う。しかし私はそうではないので、やはり時間がかかる。
これをやって思うのは「書き下ろし」のヤバさである。
定期的な締め切りもないのに、それをやり遂げるエネルギーはすごいと思う。

2018年1月23日火曜日

大雪

大雪になった際、米国の病院で「無理すんな、帰れるやつは帰れ」的なメールが廻ったのを覚えています。
一方、日本のどっかの病院では、「何が何でも全員出勤な!それと、つぎの勤務者が来来ないんだったら、前の勤務者は帰るな」との指令だけがきたそうな(聞いた話です)。
現実的には、日本の医療者は言われなくても、いわゆる日本的なプロとしての矜持でそれをするだろうけど、、、

2018年1月1日月曜日

先月なんとなくみてもらった手相やら誕生日やらの占いによると、今年の一月は「最高」らしい。1日目は何もよいことがないが、まだ30日ある。